2016年08月02日

抗がん剤について

がんの治療法は大きく分けると抗がん剤、手術、放射線治療とありますが、

その一つである抗がん剤治療は欧米ではすでにほとんど使用されていません。

元々は猛毒で別の目的で使用されていたものが抗がん剤として使用されています。

なぜでしょう?・・・

そこには国や製薬会社、医学界と様々な利権があるようです。

がん細胞は42.5度以上で死滅します、温熱療法を用いれば危険もなく副作用もありませんし

がん細胞の周囲の健康な細胞には危険はありません。

でも病院では医者からあまり積極的に勧められることはあまりありません。

なぜでしょう・・・・なんとも納得がいきませんね。

自分の健康は自分で守るしかありません、情報を集めてガンにならない体つくりや適切な医療を受けるしかないのです。

今まで正しいと思っていた常識を疑ってみないと日本の常識は世界の非常識なのかもしれません。

運動や食生活に気をつけ日々健康でガンにならない体つくりも心がけていきましょう。



同じカテゴリー(チャーガの免疫力)の記事画像
長寿は腹6分
保存について
ありがとうございます!
寒天チャーガ
チャーガはこんな形です
花粉症
同じカテゴリー(チャーガの免疫力)の記事
 こんにちは~ (2015-01-28 16:39)
 ロシアンビューティーの常識♪ (2014-03-29 14:12)
 長寿は腹6分 (2013-10-04 16:05)
 樺宝寿 (2013-05-09 13:19)
 保存について (2012-06-12 15:10)
 便秘にはチャーガ (2011-06-11 17:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。